Fiery options 1.4 Help (server)

ナビゲーションを表示/非表示前へ次へ共有印刷PDF

サーバーで使用するFieryオプションのライセンス管理

Fiery serverにインストールされているFieryオプションを使用するには、まず一意のライセンスアクティベーションコード(LAC)を取得し、ライセンスをアクティベートする必要があります。

Fieryオプションの管理ウィンドウには、アクティベートされているFieryオプションと、これからアクティベートできるオプションが表示されます。Fieryオプションの管理ウィンドウには、次のいずれかの方法でアクセスできます。
  • Command WorkStationデバイスセンター > 一般タブ >一般情報管理をクリックします。
  • WebToolsホームタブで、管理をクリックします。
  • Fieryオプションパッケージのライセンス通知:今すぐ更新リンクをクリックします。

ライセンスの取得

Fieryオプションのライセンスは、Fieryディーラー、プリンター製造元またはEFI eStoreから入手できます。

EFIライセンスサーバー

EFIライセンスサーバーはLACを管理します。

ライセンスの管理は、お使いのFiery serverがインターネットに接続されているかどうかによって手順が異なります。

  • Fiery serverがインターネットに接続されている場合は、情報はFiery serverとEFIライセンスサーバーの間で自動的に転送されます。

  • Fiery serverがインターネットに接続されていない場合は、Fiery serverとEFIライセンスサーバーの間で情報を手動で転送する必要があります。

組織がプロキシサーバー経由でインターネットに接続している場合は、プロキシサーバーの設定を設定する必要があります。

オプションのアクティベーション

Fieryオプションをアクティベートするときは、安全のために以下の情報を記録します。

  • Fiery serverのID。IDは設定情報ページのBIOS設定の下に記載されています。Command WorkStationの場合、一般タブのサーバー設定の下にあるデバイスセンター内にIDが記載されています。RIPをクリックすると、右側のBIOS設定の下にもIDは記載されています。

  • オプション名

  • ライセンスアクティベーションコード(LAC)

利用規約