Fiery Command WorkStation

ナビゲーションを表示/非表示前へ次へ共有印刷PDF

CMYKレンダリングインテント

CMYKレンダリングインテントオプションは、カラー変換のためのレンダリングインテントを指定します。印刷するカラー画像の種類に応じて、この変換を最適化することができます。

CMYKカラーでのコンテンツの見え方を変更するには、適切なレンダリングインテントを選択します。Fieryサーバーでは、現在、業界標準のICCプロファイルにある4つのレンダリングインテントを選択できます。また、第5のレンダリングインテントとしてFieryサーバー専用の純原色をサポートしています。

メモ: 色調の再現性の問題が生じた場合は、連続調設定を使用してください。

レンダリングインテント

用途

対応するICCレンダリングインテント

連続調 - 色域外のカラーを印刷する場合は、通常、ビジネスグラフィックレンダリングよりも彩度の低い出力となります。画像の正しい色よりも色調関係の保持を優先させます。

写真画像(写真素材CDやデジタルカメラからのスキャン画像を含む)

画像、コントラスト、および知覚

ビジネスグラフィック - 鮮やかな彩度の高いカラーを作成しますが、出力カラーとモニター表示カラーを正しくマッチさせるものではありません。肌の色合いなどの色域内の色は適切にレンダリングされます。この方法は、連続調レンダリングインテントと類似しています。

プレゼンテーション用のアートワークやグラフ。この方法は、プレゼンテーションで使用するグラフィックや写真等が混在しているページに使用されます。

彩度、グラフィック

相対カラーメトリック - ソース白色点とターゲット白色点の間の色変換を定義します。たとえば、モニター上で青みがかった色に見える白色(灰色)は、紙地の白色に置き換えられて出力されます。この方法では、空白の部分と白いオブジェクト間に目に見える境界が発生しません。

カラーマッチングに重点を置きたいが、書類内の白色に用紙の白色を使用したい場合に使用する高度な方法です。この方法は、シミュレーションの目的でCMYKデータに影響を及ぼすためにPostScriptカラー管理でも使用されることがあります。

相対カラーメトリック

絶対カラーメトリック - ソース白色点とターゲット白色点の間の色変換は定義されません。たとえば、青みがかった色に見える白色(灰色)は、紙地の白色に置き換えられません。

正確なカラーが要求され、境界がはっきりしても問題ない場合に使用します。この方法は、シミュレーションの目的でCMYKデータに影響を及ぼすためにPostScriptカラー管理でも使用されることがあります。

絶対カラーメトリック

純原色 - インク/トナーを混ぜ合わせない。カラー機能の異なる画像システムの間で特定の色の見え方を一致させるためにカラー管理で行われるインク/トナーの混合を行わないようにします。

ソースコンテンツが1つまたは2つのプロセスインク/トナーで構成されるとき、それらは最終印刷で1つまたは2つのプロセスインク/トナーとして残されます。このレンダリングインテントでは色の精度を達成できないので、他の印刷システムと色の精度が一致することは想定されていません。 純原色