Fiery Color Profiler Suite

ナビゲーションを表示/非表示前へ次へ共有印刷PDF

レンダリングインテント

出力プロファイルとは、出力デバイスの色域外のカラーを色域内のカラーにマッピングするものです。出力プロファイルで色域内のカラーをさまざまなカラーにマッピングして、すべてのカラー間の関係を保持することもできます。

カラーのマッピングには多くの方法があり、いずれの方法も出力に大きく影響します。

ICC仕様には、レンダリングインテントと呼ばれるカラーマッピング方法が複数定義されています。アプリケーションによっては、プロファイルを使用して印刷するとき、印刷する画像に最も適したレンダリングインテントを選択できます。

プロファイルには、レンダリングインテントに関する次のデータが含まれます。

  • 知覚 - 見た目にきれいな色にするために画像の色調関係を保持します。連続階調の写真(スキャン画像、ストックフォト、デジタルカメラの画像など)でよく使われます。通常、色域外のカラーを出力すると彩度レンダリングのときよりも彩度が低くなります。

    EFIでは知覚レンダリングインテントの実装名として「連続調」が使われます。「知覚(連続調)」では、EFI提供プロファイルの連続調レンダリングインテントまたは他のプロファイルの知覚レンダリングインテントが選択されます。

  • 彩度 - 彩度の高いカラーを作成しますが、出力カラーとモニター表示カラーを正確にマッチさせるものではありません。プレゼンテーションの表やグラフでよく使われます。プレゼンテーションのグラフで、画像の色域内のカラーだけでなく色域外のカラーにも効果的です。

    EFIでは彩度レンダリングインテントの実装名として「ビジネスグラフィック」が使われます。「彩度(ビジネスグラフィック)」では、EFI提供プロファイルのビジネスグラフィックレンダリングインテントまたは他のプロファイルの彩度レンダリングインテントが選択されます。

  • 相対カラーメトリック - ソースとターゲットの間でできるだけ正確なカラーマッチを試みます。このレンダリングインテントでは、色域外のカラーが最も近い色域内のカラーにマッピングされます。これによりソースとターゲットの間で白色点の値が変換されます。たとえば、モニター上の青みがかった灰色が用紙の白色で出力されます。色調関係の保持を犠牲にしても、カラーマッチングが重要である場合(例:ロゴの色)によく使用されます。

    画像内の白色を用紙の白色で印刷する場合には、絶対カラーメトリックではなく相対カラーメトリックを使用してください。

  • 絶対カラーメトリック - 相対カラーメトリックに似ていますが、ソースとターゲットの間で白色点の値は変換されません。画像の白色が用紙の白色で出力されるのではなく、カラー出力として再現されます(ターゲットの用紙の白色をシミュレートします)。校正など、正確なカラーが必要なときに使用してください。